技術発展を体感せよ!|マイクロスコープやプリント基板製作を活用

作業員

洗浄方法

バイオサークルと呼ばれる洗浄法の概念と実用化への取り組み

作業員

現在、様々な局面で余分な廃棄物を出さないエコロジーな取り組みが推奨されています。そうした取り組みの一環として、バイオサークルと呼ばれる手段が挙げられています。 バイオサークルとは、工場で製造される部品を洗浄するための方法の1種とされています。そもそも、自動車や電子機器などの機械は、数多くの部品を組み立てる必要があります。加えて、部品に汚染が無い様に、組み立てる際に洗浄を行う必要もあります。バイオサークルはこうした洗浄をより安全に行う方法とされています。 従来の洗浄方法では、石油などに由来する揮発性有機化合物、つまり空気中に蒸発して漂いやすい成分を含んだ溶液で洗浄されていました。 しかし作業者が吸い込むリスクなど、取り扱いに危険が多い事があり、代替用液への研究が進められていました。その結果、天然由来の微生物や成分によって汚れを分解し、無害な成分へと変えるバイオサークル式の洗浄法が誕生した経緯があると言われています。

安全な洗浄が有効となる用途とは

バイオサークルの誕生によって、製造業務における洗浄での安全性が増す事が期待されています。 こうした設備の普及が期待される相手としては、自動車や鉄道・航空などの精密機器を製造するメーカーや、発電所やエネルギー関連を扱う企業、さらに食品や製薬といった衛生環境を徹底したい企業など、多岐に渡るとされています。 バイオサークルでは鉄・銅やアルミニウムといった金属製やプラスチック製といった部品の表面を洗浄する事が可能とされており、該当する部品を扱う業務であれば廃棄物を出さないエコロジーな洗浄が可能となります。 またコスト面でも、洗浄液の能力は従来よりも長いと言われている事に加え、廃棄物処分にかかる費用も抑えられる特長が挙げられています。